fbpx
  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、場外発売を中止させていただきます。

‘News&Result’ カテゴリーの一覧

新潟県

諸橋 愛
79期・S1

3/12~松山
3/26~福井G2

鈴木庸之
92期・S1

3/2~立川
3/16~高松

藤原憲征
85期・S2

3/12~松山
3/26~福井G2

川村昭弘
81期・A1

3/20~防府
3/27~四日市

川上真二郎
86期・A1

3/9~久留米
3/16~高松
3/23~広島

関 智晴
89期・A1

3/5~西武園
3/16~高松
3/23~広島

原田泰志
91期・A1

3/1~川崎
3/12~別府
3/20~松戸

阿部康雄
68期・A2

2/29~大宮
3/11~川崎
3/29~広島

笹川竜治
71期・A2
3/3~静岡
3/14~福井
中山善仁
73期・A2

3/11~武雄
3/23~広島

渋川聡士
84期・A2

3/1~川崎
3/11~武雄
3/20~松戸

田村武士
84期・A2

3/5~松戸
3/14~福井
3/29~広島

佐藤政利
91期・A2

2/29~大宮
3/8~佐世保
3/23~玉野

本間慎吾
91期・A2

3/9~大宮
3/15~奈良
3/23~広島

本田拓也
92期・A2

3/1~川崎
3/14~前橋
3/22~大宮

山崎寛巳
93期・A2

3/2~立川
3/11~武雄
3/23~玉野

西巻秀太
97期・A2

3/2~立川
3/11~川崎

舟山佑京
113期・A2

3/3~大垣
3/20~防府

松本一成
77期・A3
2/29~大宮
3/14~豊橋
3/23~立川
村上順規
80期・A3

3/9~防府
3/16~西武園
3/23~立川

鈴木 浩
82期・A3

3/5~松戸
3/15~小倉
3/29~奈良

佐野多喜男
85期・A3

3/8~伊東温泉
3/23~立川

中山 健
89期・A3

あっ旋なし

保科圭太
94期・A3

3/15~小倉
3/29~奈良

加瀬加奈子
102期・L1
3/9~大宮
3/18~宇都宮
3/27~四日市
田中麻衣美
102期・L1

3/9~大宮
3/17~佐世保

藤原亜衣里
102期・L1
2/29~大宮
3/14~豊橋
3/23~立川
   
弥彦競輪サイクルチーム CLUB SPIRITS出身
中川諒子
102期・L1
熊本に登録変更

3/20~久留米

菅田賀子
104期・L1
宮城に登録変更

2/9いわき平で引退

長野県

 

上原 龍
95期・S2

2/27~奈良
3/6~四日市
3/13~いわき平
3/20~久留米G3

柿澤大貴
97期・S2

3/5~玉野
3/14~前橋

小峰 烈
98期・A1

3/23~立川

荒井春樹
99期・A1

3/2~立川
3/12~別府
3/22~大宮

木下 章
61期・A2

2/27~高松
3/11~川崎
3/27~四日市

伊藤大理
85期・A2

2/29~大宮
3/9~久留米
3/17~佐世保

等々力久就
98期・A2

3/2~立川
3/9~大宮
3/16~高松

藤本龍也
98期・A2

3/3~大垣
3/10~小田原
3/26~宇都宮

平川雅晃
107期・A2

3/3~静岡
3/10~京王閣

中嶋宣成
113期・A2
3/8~佐世保
3/20~松戸
菊池岳仁
117期・A2
3/8~伊東温泉
3/17~平塚
   
前島恭平
98期・A3

3/5~松戸
3/18~宇都宮

宮下一歩
115期・A3

3/9~防府
3/18~宇都宮
3/27~四日市

黒河内由実
110期・L1

3/9~防府
3/17~佐世保
3/29~広島

   

 

山梨県

志村太賀
90期・S1

2/27~奈良G3
3/10~小田原
3/20~久留米G3
3/29~別府

古屋琢晶
90期・S2

2/27~奈良G3
3/10~京王閣
3/29~別府

伊藤太一
91期・S2
3/5~玉野G3
3/16~高松
3/26~川崎
城 幸弘
96期・S2
3/3~静岡
3/13~いわき平
志村龍己
98期・S2
3/6~四日市
3/17~佐世保
小林 令
109期・S2
3/12~松山G3
3/20~松戸
末木浩二
109期・S2

3/10~小田原
3/17~平塚

高峰賢治
73期・A1

3/1~川崎
3/13~いわき平
3/20~松戸

小佐野文秀
83期・A1

3/3~静岡
3/11~川崎

新井僚太郎
100期・A1

3/9~大宮
3/16~西武園

宮澤 晃
75期・A2

3/5~松戸
3/15~奈良
3/26~川崎

加賀美智史
87期・A2

2/29~豊橋
3/10~京王閣
3/17~平塚

今村俊雄
99期・A2

2/27~高松
3/10~京王閣
3/17~平塚
3/27~四日市

村松俊弥
96期・A3

3/14~豊橋
3/26~宇都宮

渡辺ゆかり
102期・L1

3/6~四日市
3/14~豊橋
3/23~立川

   
 

 

   

弥彦競輪サイクルチーム「CLUB SPIRITS」出身の菅田賀子(宮城)が2月9日、ラストランとなったいわき平競輪5Rを追い込みで勝利。有終の美を飾りました。

レース後の勝利者インタビューでは涙、涙。妹のかをりさん(いわき平競輪イメージアップサポーター)からの問いに、「最終日まで走り切れるか不安だったけど、たくさんの人に支えられながら、たくさんのお客様や、大事な仲間に見守られながら最後まで走り切れて、1着が取れてうれしいです。今日の勝利、10勝目で少しは恩返しができたのかもしれません」と、万感の想いを込めて答えていました。

2011年9月にCLUB SPIRITSの門をたたいてから8年と5カ月ほど。

がっちゃん、本当にお疲れ様でした。

117期の早期卒業者、菊池岳仁(長野)が、デビュー3場所目の宇都宮チャレンジを完全優勝。デビュー以来、負けなしの9連勝で、A級2班への特別昇班を決めました。

レース後、バンクで行われた優勝者インタビューで、「何とか9連勝できました。A2でも9連勝できるよう頑張ります」と話した大器。今後も連勝街道をひた走るか、注目です。

菊池岳仁選手のプロフィールはこちら

弥彦競輪サイクルチーム「CLUB SPIRITS」出身の菅田賀子選手(宮城)が、2月7日から9日のいわき平競輪を最後にガールズケイリンから引退します。

2011年3月の東日本大震災が契機となり、ガールズケイリンの選手を志した菅田選手。

同年の9月に弥彦競輪場での練習がスタート。わずかな練習期間ながら、ガールズケイリンの第2期、104期として合格しました。

2012年5月に日本競輪学校(現日本競輪選手養成所)に入学して、2013年5月11日の松戸競輪でデビュー。これまで487戦9勝、2着22回、3着47回の成績を残しています。

デビュー当初は「先行」にこだわり、どんな強敵が相手でも自分で動く「信念」を貫いたレースは、ファンの方々にも印象に残っていることでしょう。

2016年1月に故郷の宮城へ戻るまで、弥彦競輪のPR誌「CREATE」に何度か登場。その時々の心境を語ってくれています。

いくつかの写真とともに、彼女の「競輪人生」を振り返ってみましょう。

CREATE2011年10月号 ガールズケイリン選手を目指して

CREATE2012年4月号 日本競輪学校(現日本競輪選手養成所)へ入学

CREATE2013年6月号 ガールズケイリンデビュー

CREATE2014年8月号 デビュー1年が経過

2020年2月、地元のいわき平での一区切りを決断したがっちゃん。最後の走りに向かいます。

117期の早期卒業者、菊池岳仁(長野)。デビュー2戦目の京王閣でも強さを見せつけて、完全優勝を決めました。

次走の宇都宮(2/7~9)は、A2への特別昇班をかけての出走になります。

菊池岳仁選手のプロフィールはこちらで

117期の早期卒業者、菊池岳仁(長野)が1月19日の岐阜競輪5Rでデビュー。逃げ切りで、デビュー戦を飾りました

菊池選手のプロフィールはこちらで

名古屋競輪F1、日刊スポーツ杯のS級決勝が1月17日に行われ、諸橋愛(新潟)が鈴木竜士(茨城)のまくりを差して優勝しました。

2着は鈴木で、3着には諸橋マークの志村龍己(山梨)が入り、関東ラインでの上位独占が決まりました。

諸橋愛選手のプロフィールはKEIRIN.JPで。

第117回選手候補生の菊池岳仁(長野)が、寺﨑浩平候補生(福井)とともに、12月25日の早期卒業式をもって日本競輪選手養成所を卒業。プロデビューすることが発表されました。

菊池は、長野県立岡谷南高等学校を卒業後に養成所へ入学。養成所の記録会で養成所記録を更新するなど、高い能力を有していることが評価されての早期卒業となります。

卒業後は、来年1月にプロデビューが予定されています。

詳しくはこちらでご確認ください。(日本競輪選手養成所ホームページ)

豊橋競輪「奇跡の米 女神のほほえみ杯争奪戦」S級決勝が12月6日に行われ、諸橋愛(新潟)が逃げた池田勇人(埼玉)の番手から抜け出して1着。7月の弥彦記念以来、今年2回目の優勝を決めました。

諸橋愛選手のプロフィールはこちらで(KEIRIN.JP)

京都向日町競輪「京紅葉賞」ガールズケイリン決勝が11月27日に行われ、加瀬加奈子(新潟)が逃げ切りで1着。復帰後の初優勝を決めた。

「8年前から、デビューしてから先行で戦ってきた」。

信念を貫いたママは、残り1周半過ぎから風を切った。

後続がもつれる中、ゴールまでしっかりと踏み上げての逃げ切り勝ち。妊娠、出産から7月に復帰。初勝利は、「ママでも金」の優勝。さすが加瀬ちゃんです。

優勝者インタビューのあと、左手の薬指をファンにアピール。競輪場から帰宅後も、大事な仕事が待っている。

加瀬加奈子選手のプロフィールはこちらで(KEIRIN.JP)
 

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
新潟スポーツ専門紙
kドリームス投票と結果

高額配当を受けた方へ

  179x50_KNB