fbpx
  次回の弥彦競輪は、9月22日(祝)から24日(木)までの日刊スポーツ賞(昼間開催・F1&ガールズ)

‘News&Result’ カテゴリーの一覧

弥彦競輪の東京中日スポーツ伊藤克信賞の決勝が5月27日に行われ、A級1、2班は磯田旭(栃木)、チャレンジは宮崎大空(熊本)が優勝しました。

レースダイジェスト、インタビューはYOUTUBE弥彦競輪チャンネルでご覧いただけます。

A級1、2班戦決勝 

A級1、2班戦 優勝者インタビュー

チャレンジ決勝 

チャレンジ 優勝者インタビュー

心臓疾患から1年3カ月ぶりに川崎競輪(5/22~24)で実戦に復帰した中山健(新潟、A3)。

復帰2走目の川崎2Rチャレンジ一般戦(5/23)で、最終ホームからのカマシ先行を決めて、堂々の逃げ切り勝ち。自身の復帰を祝う、うれしい勝ち星を挙げました。

中山健選手のプロフィールはこちらで(KEIRIN.JP)

 

片桐善也(新潟・117期)が、広島競輪ルーキーシリーズ2020(5/15~17)でデビューします。

今年から始まった117期(男子)、118期(女子)が集結したルーキーシリーズ。片桐は初日8R(15日13時33分発走)に登場。力を出し切るレースに期待したいところです。

片桐善也選手のプロフィール

インタビュー掲載、弥彦競輪PR誌CREATEはこちらから

令和2年度の弥彦村営競輪につきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
無観客での開催を予定しておりましたが、「緊急事態宣言」の全国拡大を受け、
下記の開催について中止となりましたので、お知らせいたします。

4月25日(土)~27日(月) 弥彦村営第1回後節 F1
5月2日(土)~4日(月) 弥彦村営第2回前節 F2 ミッドナイト

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りたくお願い申し上げます。

やひこけいりん

弥彦競輪の開幕戦、新潟スポーツ賞の決勝が4月15日に行われ、A級1、2班戦は丹波孝佑(大阪)、チャレンジは浅見準(東京)が優勝しました。

1、2班戦では、地元期待の菊池岳仁(長野)は果敢に逃げたものの、直線で失速して5着、小峰烈(長野)は3着でした。

また、チャレンジの鈴木浩(新潟)は5着に終わりました。

レースダイジェスト、インタビュー動画は弥彦競輪YOU TUBEチャンネルで

A級1、2班決勝

チャレンジ決勝

 

 

四日市競輪・中京スポーツ杯のガールズケイリン決勝が3月29日に行われ、加瀬加奈子(新潟)がまくりで優勝しました。

瀬選手のプロフィールはこちらから(KEIRIN.JP)

長野勢が大活躍です。

117期の早期卒業者、菊池岳仁がA級1、2班戦の2戦目、伊東温泉(3/8~10)を逃げ切りで優勝しました。

準決勝の2着で連勝は止まってしまいましたが、決勝ではケタ違いの脚力を披露。人気に応えました。

菊池は弥彦競輪の開幕戦、新潟スポーツ賞(4/13~15・ナイター)に出走予定。楽しみです。

一方、宮下一歩は3月11日の防府モーニング競輪チャレンジ決勝を逃げ切りで優勝。3連勝で今年初Vを決めました。

菊池岳仁選手のプロフィール

宮下一歩選手のプロフィール

弥彦競輪サイクルチーム「CLUB SPIRITS」出身の菅田賀子(宮城)が2月9日、ラストランとなったいわき平競輪5Rを追い込みで勝利。有終の美を飾りました。

レース後の勝利者インタビューでは涙、涙。妹のかをりさん(いわき平競輪イメージアップサポーター)からの問いに、「最終日まで走り切れるか不安だったけど、たくさんの人に支えられながら、たくさんのお客様や、大事な仲間に見守られながら最後まで走り切れて、1着が取れてうれしいです。今日の勝利、10勝目で少しは恩返しができたのかもしれません」と、万感の想いを込めて答えていました。

2011年9月にCLUB SPIRITSの門をたたいてから8年と5カ月ほど。

がっちゃん、本当にお疲れ様でした。

117期の早期卒業者、菊池岳仁(長野)が、デビュー3場所目の宇都宮チャレンジを完全優勝。デビュー以来、負けなしの9連勝で、A級2班への特別昇班を決めました。

レース後、バンクで行われた優勝者インタビューで、「何とか9連勝できました。A2でも9連勝できるよう頑張ります」と話した大器。今後も連勝街道をひた走るか、注目です。

菊池岳仁選手のプロフィールはこちら

弥彦競輪サイクルチーム「CLUB SPIRITS」出身の菅田賀子選手(宮城)が、2月7日から9日のいわき平競輪を最後にガールズケイリンから引退します。

2011年3月の東日本大震災が契機となり、ガールズケイリンの選手を志した菅田選手。

同年の9月に弥彦競輪場での練習がスタート。わずかな練習期間ながら、ガールズケイリンの第2期、104期として合格しました。

2012年5月に日本競輪学校(現日本競輪選手養成所)に入学して、2013年5月11日の松戸競輪でデビュー。これまで487戦9勝、2着22回、3着47回の成績を残しています。

デビュー当初は「先行」にこだわり、どんな強敵が相手でも自分で動く「信念」を貫いたレースは、ファンの方々にも印象に残っていることでしょう。

2016年1月に故郷の宮城へ戻るまで、弥彦競輪のPR誌「CREATE」に何度か登場。その時々の心境を語ってくれています。

いくつかの写真とともに、彼女の「競輪人生」を振り返ってみましょう。

CREATE2011年10月号 ガールズケイリン選手を目指して

CREATE2012年4月号 日本競輪学校(現日本競輪選手養成所)へ入学

CREATE2013年6月号 ガールズケイリンデビュー

CREATE2014年8月号 デビュー1年が経過

2020年2月、地元のいわき平での一区切りを決断したがっちゃん。最後の走りに向かいます。

インターネットライブ
新潟スポーツ専門紙
kドリームス投票と結果

高額配当を受けた方へ

  179x50_KNB