fbpx
   次回の弥彦競輪は開設69周年記念ふるさとカップ(G3・7/25~28)

‘News&Result’ カテゴリーの一覧

妊娠、出産からの選手復帰を目指す加瀬加奈子選手が6月3日、弥彦競輪場で選手復帰のための走行能力試験を受験。1000mを1分16秒8のタイムで駆け抜けました。

5月初めに弥彦競輪サイクルチームCLUB SPIRITSのフレンドリークラスに参加して、バンクを試走していた加瀬。その時は1000mのタイムが1分18秒くらいのだったとのことで、約1カ月で2秒近くの短縮。復帰に向けて、順調に調整が進んでいるようです。

試験の緊張から解放されたあとは、普段の加瀬ちゃんらしい表情が復活。目標だった7月の復帰に向けて、大きな一歩を踏み出しました。

弥彦競輪スポーツニッポン賞・日本名輪会カップ・小橋正義杯の決勝が5月31日に行われ、S級はボス(オランダ)、A級は植原琢也(埼玉)の優勝で幕を閉じました。

A級戦を制した植原琢也(埼玉)は、この優勝でS級への特別昇級を達成。さらなる飛躍が期待されます。

一方、S級戦を制したボスは、2017年8月に続いての「弥彦連覇」。今シーズンは初の優勝となります。

植原琢也選手のプロフィール

ボス選手のプロフィール

岸和田競輪、日本名輪会カップ・第28回石田雄彦記念杯・サテライト大阪カップのA級決勝が5月25日に行われ、藤原憲征(新潟)が番手差しで優勝しました。

最近の5場所で4回の優勝、決勝2着が1回の藤原。次走の取手レインボーカップA級ファイナルで、S級への特別昇級を狙います。

藤原憲征選手のプロフィールはこちらで

弥彦ミッドナイト競輪、e-SHINBUN賞の決勝が5月23日に行われ、嘉永泰斗(熊本)がまくりで優勝しました。

嘉永泰斗選手のプロフィールはこちらで

弥彦ミッドナイト競輪、オッズパーク杯の決勝が5月16日に行われ、チャレンジは増田仁(広島)、ガールズは石井貴子(千葉)が優勝しました。

増田仁選手のプロフィール

石井貴子選手のプロフィール

松山ミッドナイト競輪のA級決勝が4月30日の夜に行われ、藤原憲征(新潟)が小林令(山梨)の番手からまくって優勝しました。

このレースは平成の最後の決勝戦。藤原は記録に残る優勝者となりました。

藤原憲征選手のプロフィールはこちらで

UCIトラック世界選手権(ポーランド・プルシュクフ)の男子ケイリンで、新田祐大が銀メダルを獲得しました。

詳しくはKEIRIN.JPで

トラックワールドカップ第5戦(ニュージーランド・ケンブリッジ)の男子ケイリンで、新田祐大が銅メダルを獲得しました。

詳しくはKEIRIN.JPで

日本競輪学校117回(男子)、118回(女子)の合格発表が1月17日に行われ、117回生として片桐善也(新潟)、菊池岳仁(長野)が合格しました。

片桐は吉田高校時代からロード競技で活躍。2012年のインターハイで優勝するなど、輝かしい実績を残しています。日大に進学、卒業後、社会人を経験してからの競輪学校受験、合格となります。

菊池は長野・岡谷南高をこの春に卒業予定。スピードスケート、自転車競技で活躍。2018年の福井国体、少年男子1Kmタイムトライアルで4位に入賞しています。

詳しくはKEIRIN.JPで

 

第39回アジア自転車競技選手権大会(1/13・インドネシア・ジャカルタ)の女子ケイリンで、小林優香が金メダルを獲得しました。

詳しくはこちらでご確認ください。

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
新潟スポーツ専門紙
kドリームス投票と結果
7月

高額配当を受けた方へ
clubspiritslink6

   
  179x50_KNB