平成28年熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

-新潟県 名選手列伝⑤-

遠藤 清彦さん

8月には各地の競輪場で、86回生の新人たちがデビューする。遠藤清彦さん(53)は社会人生活3年を経て、29回生として72年にデ ビュー。11年間、 選手として活躍し、KPKの始まった83年から今年の3月まで、今度は日本競輪学校の教官として18年間、選手を養成する立場で競輪界にたずさわってき た。

遠藤さんのまくりは穴党のファンを喜ばせた。「読み通りになって勝てたら面白いんでしょうけど…」。楽しかった思い出は年 に何回か行った合宿のことと、「何万人のファンの前で走れる。ヤジでも何でも、その声援の中で走れる気持ちのよさ」。だが10年走って、準決に進めなく なったあたりから、何か違うことがしたくなった。そこへ競輪学校の教官試験の話。さっそく受験して合格。83年の4月から選手の卵たちを教える立場に。

「52回生から86回生まで、直接、担任という形で、また統括する立場で、3400人くらいを見ましたかね」。昨年の弥彦記念を制した鈴 木誠と小橋正義は遠藤さんが担任をした生徒だった(在校生は大体、8クラスに分かれて行動する)。「自分的には感無量でした」と微笑む。「高木隆弘も適性 で入ってきて、ちぐはぐな乗り方で、弱かったのが、タイトルが取れるほどに強くなりましたからね」。

学校が一番力を入れているのは、プロ意識の徹底。「そこそこではダメ。プロである以上は目いっぱい頑張る」。誰でも自分なりには頑張っていると思う かも しれないが、教官の目からすれば、それは自己満足としか写らない。個別に、あるいは全体の中で、何度もたたき込んでいく。

それと、遠藤さん自身が感じたのはトレーニングの方法とそれに対する考え方がまだ競輪界は遅れていること。「ベテランたちがやって、経験 でわかっていることしかやっていない。それは今の新人たちもそうです。自分がどれくらい強いのか、わかっていない選手が多い。すごい素材なのに…。そうい う意味でも意識が変わっていかないと」。

「これから選手になりたい人、自転車に乗りたい人、ぜひ声をかけてください。何か役に立つことができるかなと思う」。53歳という年齢はまだまだ若 い。





















Comments are closed.

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
弥彦twitter
新潟スポーツ専門紙
bnr_kyoso
kドリームス投票と結果
clubspiritslink6
oshiete-keirinjyuku

 
  179x50_KNB