平成28年熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

第21回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメントが7月13日、弥彦競輪場で開幕しました。

今開催は「寬仁親王殿下を追悼する大会」として実施しております。

開会式、競輪場の様子などを写真でご報告します。

熱戦の開幕を待つ弥彦競輪場 過去の大会の優勝者のパネルを展示。今年は? 今年は誰の手に渡るのでしょう?
弥彦村消防団吹奏楽隊のみなさん 開会式が始まる。参加選手代表がバンクに入場。 神山雄一郎、木暮安由、脇本雄太も開会式に参加。
寬仁親王殿下に対し哀悼の意を表するため半旗を掲揚し、黙祷を行いました。 弥彦村村長、大谷良孝の挨拶。 選手宣誓は昨年同様に地元新潟の諸橋愛。
ちょっとわかりにくい所にある屋台コーナー。弥彦神社側入口横で皆様をお待ちしております。 1Rの選手が入場。4日間にわたる熱戦がスタートした。 1Rのスタート。
接戦を制して、5番車の三宅達也(岡山)がオープニングレースを制覇。 1R。1着5番、2着2番、3着1番で決定。 大橋郁美キャスターから勝利インタビューを受ける三宅達也。




















Comments are closed.

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
弥彦twitter
新潟スポーツ専門紙
bnr_kyoso
kドリームス投票と結果
clubspiritslink6
oshiete-keirinjyuku

 
  179x50_KNB