弥彦ミッドナイト競輪 8/30(水)~9/1(金) TeNYテレビ新潟賞 9/11(月)~13(水) eーSHINBUN賞
施設案内 >> スピスタ
 

すぴRits卒業 情報キャスターへ転進 大橋郁美さんインタビュー
(取材日 2008年5月6日)

 
  涙の卒業レース(2008年4月22日)を最後に、すぴRitsを卒業。スピ★スタ中継の情報キャス ターとして、新たな道を歩み始めた大橋郁美さんを直撃した。  
 

 

 

―すぴRitsを卒業してから2週間ほど経ちました。
「まだ、最後のレースのVTRを見ると、泣きそうになります。5月5日の放送で、卒業レースを振り返るコーナーがあったのですが、普通ではいられませんで した」

―卒業してから初の放送(5月5日)。どうでした?

「今までとは全然違う感じでした。よくはわからないんですが、すごく緊張しました」

―キャスターという仕事をやりたいと思っていた?

「国語の音読とか好きではなかったし、自分の声にもコンプレックスがありました。人前で話す仕事なんて、考えてもいませんでした」


―では、どうして?

「すぴRits時代に出演させていただいたスピ★スタ中継が転機です。放送の仕事を担当させてもらいましたが、初めて自分のやりたいことが見つかった。す ぴRitsとしての活動も本当に充実していたのですが、この仕事を本腰入れてやりたいと思い始めました」


―2006年9月19日から始まったスピ★スタ中継。3シーズン目に入りました。
「最初はバンク情報などの台本があって、それを何日もかけて覚えて、放送でお伝えする。それだけで精いっぱいでした。今は少し余裕がでてきましたけど…。 台本もなくなったので、情報をお伝えする難しさを感じています」


―放送が終わってからは?

「毎日、反省の連続です。結構、落ち込んでしまうタイプなので、寝る前とかには、その日の失敗をいろいろ考えてしまいます。最近は、夢にもオッズ画面が出 てきたりしますね(笑)」

―メッセージをどうぞ。

「これから放送の方で頑張っていきます。また、1から勉強し直して、わかりやすく、楽しい放送をお送りできたらと思っています。今後もよろしくお願いしま す」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 




















インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
弥彦twitter
新潟スポーツ専門紙
bnr_kyoso
kドリームス投票と結果
clubspiritslink6
oshiete-keirinjyuku

   
  179x50_KNB