fbpx
   弥彦競輪LIVE中継、レースダイジェストはこちらでもご覧いただけます。YOUTUBE弥彦競輪チャンネル

S級戦

113期の逸材、黒沢征治(埼玉)に注目が集まる。4月の小倉でS級へ特別昇級。その後も積極策で快走を続けて、S級3戦目の四日市で優勝している。今は先行勝負に徹している印象で、この先の活躍が本当に楽しみな選手。オールスター競輪直後の開催なら、主役の走りができるはず。

高橋大作(東京)が黒沢に食い下がる。6月の京王閣で落車したが、その後に3場所を消化。体調は戻りつつある。

関東では金子幸央(栃木)も強い。高橋と同様に落車の影響が気になるが、機動力は上位ランク。弥彦バンクでの好走歴もある。

そろった千葉勢には警戒したい。山中秀将は乱調気味だが、まくりの威力はご存じの通り。バンクが軽くなる夏のコンディションも有利に働きそうだ。

伊勢崎彰大は6月の取手で優勝。まくり兼備のタテ脚は弥彦向きで、1着の多さもセールスポイント。この2人に、A級から昇級してきた染谷幸喜の先行力が加われば鬼に金棒。強力なラインが形成される。

櫻井正孝、阿部拓真の宮城勢が侮れない。ともに幅広い戦法が取れる自在型。櫻井は6月の立川F1で決勝3着、続く久留米記念では決勝4着。決勝を外した直前の和歌山はエボリーションで参考外だ。阿部も記念の一次予選では主役を張れる脚力がある。

川村晃司(京都)は6月の京都向日町F1での決勝2着から復調気配で、直前の取手F1も勝2着。後輩の藤木裕(京都)や徹底先行の藤井昭吾(滋賀)と連係できれば、さらに怖い。

月森亮輔、三宅達也の岡山勢の一発が穴。

ガールズケイリン

加瀬加奈子(新潟)の地元復帰戦。3場所を消化しての出走で、ある程度の力関係がわかる段階。まだ全盛期の走りを期待するのは難しい状況だが、期待に応えようと奮闘する。

力的にリードするのは鈴木美教(静岡)。落車の影響で3場所を欠場したが、骨折等の大ケガではない模様で、調子を合わせてくるか。機動力は一枚上のものがある。

メンバーに応じた戦い方ができる野本怜菜(埼玉)が対抗する。弥彦は3回目の出走で、過去2回は決勝4着、6着。今回はさらなる高みを狙いたい。

位置取りがうまい奈良岡彩子(青森)に警戒する。7月の地元青森では、尾崎睦(神奈川)マークを確保して決勝2着。目標を絞って、差し切りを狙ってくる。

増茂るるこ(東京)は前へ前へと攻めるスタイルで上位を狙う。6月の防府予選2で石井貴子(千葉)を破って、高配当を演出した。

弥彦は7回目の三宅愛梨(岡山)。過去6回はすべて決勝に進出と好相性だ。

7月にデビューした南円佳(鹿児島)は在校4位の実力者。苦戦が続くが、果敢な仕掛けを見せたい。

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
新潟スポーツ専門紙
kドリームス投票と結果
8月

高額配当を受けた方へ
clubspiritslink6

   
  179x50_KNB