fbpx
    いよいよ弥彦競輪が開幕。夜は川崎ナイターG3でお楽しみください。

 A級1、2班戦

古屋琢晶(山梨)に期待したい。1月からのA級では大崩れがなく、27戦7勝、2着5回、3着6回。3月の宇都宮では優勝と、上位争いの中心として戦っている。鋭いまくりが武器で、組み立てもうまい。徹底先行型の蕗澤鴻太郎(群馬)との連係もありそうで、優勝のチャンスだ。

小林令(山梨)が古屋と連係する。近況は勝ち星こそないが、目標をつかめば上位争いに絡んでいる。

関東勢を引っ張るのは、蕗澤鴻太郎(群馬)。今年は8場所中で7場所、決勝に進出しており、今回のメンバーの中では仕掛けの早さでも一番。ペース駆けに持ち込めれば怖い。

栃茨勢にも警戒したい。大薗宏(茨城)はベテランらしく大崩れがない。しっかり1着が取れており、弥彦の直線は有利に働く。

南関地区の軸になるのは関根健太郎(神奈川)。乱調気味だが、1月の松戸で優勝するなど、自力勝負での破壊力が持ち味。同県の伊豆田浩人や河野淳吾の援護があれば、強力な関東勢に抵抗できる。

石橋慎太郎(静岡)は弥彦バンクが得意。自身の切れ味を生かした一発に注意。

北日本は門脇翼(秋田)磯島康祐(青森)の動き次第になる。ともに得意の弥彦でいい走りを見せれば、阿部英光、三澤康人の宮城勢と上位を独占することも可能になる。

ガールズ

来年の東京五輪でのメダルが狙えるグロ(フランス)が弥彦バンクに登場する。2017年のジュニア世界選で3冠を達成。伸び盛りの19歳は、先日の世界選でもスプリントで銅メダルを獲得した。昨年に続く来日で、15戦11勝。経験を積んだ今年は各地で大暴れか。

追加参戦の山原さくら(高知)も十分に戦える。なかなか優勝できないが、予選1、予選2は2月から負けなし。機動力全開の走りで、弥彦バンクを彩る。

こちらも追加参戦になる野本怜菜(埼玉)にも注目したい。近況は優勝こそないが、積極策で決勝に勝ち上がっている。能力は高く、今年は飛躍の年になるか。

強気の積極策で、石井貴子(東京)が世界に挑む。ガールズでは数少ない長い距離を先行できる選手で、今回もスタイルは変えない。

1着は少ないが、蓑田真璃(千葉)は決勝の常連。狙った位置をしっかりと確保できれば、「3連単」には絡んできそうだ。

好調な當銘直美(愛知)にも注目。年明けから成績を上げて、直前の静岡で優勝。鈴木奈央(静岡)、石井貴子(千葉)を破ってのもので、評価できる。

負傷もあって、苦戦が続いている日野未来(奈良)。弥彦は2回目で、前回は最終日に1勝している。

出走予定だった田中麻衣美(新潟)は、直前の青森で落車。残念ながら欠場となった。まずは、負傷箇所(指)を治すことに専念してほしい。

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
新潟スポーツ専門紙
kドリームス投票と結果
4月

高額配当を受けた方へ
clubspiritslink6

   
  179x50_KNB