平成28年熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
出走メンバー(keirin.jp)      場外発売所 (keirin.jp)
 
阿部康雄 荒井春樹 三浦翔大  

A級戦

地元新潟の重鎮、阿部康雄が開幕2戦目に登場だ。24年間も戦ってきたS級から、この1月に戦いの場をA級に移したが、4場所目の千葉で差し切り優勝。健在ぶりをアピールした。選手会新潟支部長としても、地元で恥ずかしいレースはできない。

荒井春樹(長野)と原田泰志(新潟)が、阿部を引っ張る。荒井は2場所前の西武園で決勝5着など、機動力は上位クラスだ。原田は1月の小田原で優勝。最近は決勝進出を逃しているが、直前の豊橋で2勝している。阿部は師匠にあたる。

三浦翔大(宮城)は2月の西武園で逃げ切り優勝を決めたが、3月の伊東温泉で落車。その後の2場所、決勝進出を逃している点は気になる。ただ、先行パワーは上位だ。

北日本勢では伊東翔貴(福島)が好調。1着を量産しており、直前の前橋では番手戦もこなした。追い込みの軸になる大崎和也(青森)は、ケガの回復次第になる。

野村純宏(神奈川)にも警戒したい。後輩の関根健太郎を目標にできれば、上位進出のチャンスだ。

追加での出走になるが、馬場和広(埼玉)にも注目。持ち味の先行、まくりは上位ランクの威力で、弥彦バンクも得意にしている。

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
弥彦twitter
新潟スポーツ専門紙
bnr_kyoso
kドリームス投票と結果
clubspiritslink6
oshiete-keirinjyuku

 
  179x50_KNB