平成28年熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

第24回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメントが7月17日、弥彦競輪場で開幕しました。初日の様子をお伝えします。

071702 071703 071704
今年は誰の手に、このトロフィーが手渡されるのか? 式典の音楽を担当する、弥彦村消防団音楽隊の皆さん 服部佳代子さんの進行で開会式がスタート
071705 071706 071707
開会式に出席する選手がバンクに登場 昨年の覇者、深谷知広から寬仁親王牌が返還され、レプリカが渡される。 弥彦村村長、小林豊彦のあいさつ。
071708 071709 071710
選手宣誓は、今年も地元新潟の諸橋愛 BSN新潟放送の番組、「今日は弥彦へ行こう」。 井手らっきょ、なべやかん、紗綾さんが最終レースを予想
071711 071712 071713
紗綾さんの予想。表彰式のプレゼンターも務める。 親王牌初日1Rがスタート 2番車の桑原大志が1着でゴールした。
071714 071715 071716
勝利者インタビュー。インタビュアーは大橋郁美さん。 20回が浅井康太、21回が佐藤友和。 22回が金子貴志、昨年の23回大会が深谷知広。今年は?




















Comments are closed.

インターネットライブ
bnr_YouTubeLive
bnr_niconico
弥彦twitter
新潟スポーツ専門紙
bnr_kyoso
kドリームス投票と結果
clubspiritslink6
oshiete-keirinjyuku

 
  179x50_KNB